スキップしてメイン コンテンツに移動

TV小僧の閉鎖に思う



TV小僧
http://veohdownload.blog37.fc2.com/

「TV小僧」という知る人ぞ知るテレビ動画キュレーションサイトが更新を終了した。ネット上に日々大量にアップされる国内テレビ番組へのリンク紹介を、かれこれ6年間も続けていた。

終了の報告記事がアップされると、そのコメント欄には管理人の労をねぎらう温かいメッセージが数多く寄せられた。特に海外在住の日本人からのメッセージが目立つ。日本のテレビを見るのにとても助かった、ありがとうと、心からの感謝の思いが伝わってくる。

本日を持って更新停止します。ありがとうございました。|TV小僧
http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-17550.html

テレビ番組へのリンクを紹介するサイトなどは、いまや多数存在しているし、それらと比べれば、TV小僧の紹介する動画数は圧倒的に少ない。しかし、それでもTV小僧は選ばれ、愛され続けてきた。その理由は、TV小僧が極めて独自路線を突き進んできたことにある。定番のバラエティー番組を紹介する傍らで、硬派な番組をコンスタントに紹介し続けてきた。

実は前述で「テレビ動画キュレーションサイト」と紹介したのはこのためで、取り上げる番組の方向性に管理人の趣向が大いに反映されていた。それは一見デメリットのようにも見えるのだが、しかし、だからこそ、機械的な更新とは全く違う色彩と人間味が加わり、熱烈なファンを生み出してきたのだと僕は確信している。

例えば、NHKで放送している「クローズアップ現代」や「NHKスペシャル」。日本に住んでいる人ですら一部地域でしか視聴できない「そこまで言って委員会」や「たかじんNOマネー」「ビーバップハイヒール」といった一癖も二癖もある番組の紹介に加え、どうのように探してくるのかわからないのだが、たまに放送される良質なドキュメンタリーを相当な頻度で拾い上げ、届けてくれた。そういうサイトを僕はTV小僧以外に知らない。

ただ、周知のこととは思うのだが、このような類のサイトは法的に限りなくグレーに近い。それは否定しようがない。そもそも、テレビ番組の映像をネット上にアップロードする行為自体が違法であり、それをそれとわかっていながらアクセスする行為も違法となった現在、このサイトの存在もそう長くはないことを多くの常識ある人は知っていたはずである。

しかし、それでも言っておかなければならない。この管理人や、サイトを利用し続けた人たちは、何も進んで違法行為に加担したいとか、犯罪行為に罪悪感を感じない悪人なのではなくて、どちらかと言えば、それほどまでに日本のテレビが好きな人たちということだ。これは特筆しなければならないと僕は思う。

そして最も問題なのは、日本のテレビを愛する海外在住者が、今のような高度に発達したネット社会であってさえ、合法的に、自由に、日本のテレビを見られない現状ではないだろうか!!

確かにオンデマンド配信というサービスは各局が行なっているが、これは各局がバラバラに行なっているがゆえに、個別に加入し、個別に料金を払うという、総合的に見ればネットの常識を逸脱した体系となってしまう。そんなものを一体誰が利用するというのだろう。すぐそばに無料で見られる動画が転がっている。そのような状況の中で、このサイトは運営され、ユーザーに愛されてきた。

筆者自身、日本のテレビを愛するひとりとして、今のテレビ業界に大いに不満がある。もっとネットを活用すべきだ。本来であれば、テレビ業界全体がYoukuやPandoraのような動画サイトを運用し、Tv小僧のようなサイトに頑張ってもらう道が最善ではないのか。テレビ局は、自分たちの素晴らしい映像作品という財産を、世の中に広める努力を怠り続けている。このままではテレビ業界は取り返しのきかないことになってしまう。

話がそれましたが、とにかく、テレビ小僧には感謝しかありません。長い間、本当にお疲れ様でした。

コメント

Nob Y. さんの投稿…
素晴らしい考察ですね。

>その理由は、TV小僧が極めて独自路線を突き進んできたことにある。定番のバラエティー番組を紹介する傍らで、硬派な番組をコンスタントに紹介し続けてきた。

そうなんですよねー。僕はこのサイト、海外に住んでた時から良くみてたんですけど、単にバラエティ番組とかだけじゃない、その番組のセレクションが秀逸だったんです。
ipe tkd さんの投稿…
>Nob Y.さん
コメントありがとうございます。
TV小僧のセレクションは本当に秀逸でした。閉鎖はしようがないとはいえ、ただただ残念ですね。

このブログの人気の投稿

「FNS歌謡祭」最大の収穫は「雅-MIYAVI-」だったよね

FNS歌謡祭の「華原朋美」が良かったと小耳に挟んだので見てみたら、全く予想もしていなかった雅-MIYAVI-がめちゃくちゃ格好良くて、いま動画を漁っていたんだけど、最近の彼のパフォーマンスはちょっと神がかりに近いものがあるんじゃないだろうか。

コラボの仕方も、コンビ組んでるドラマーも含めてたまらない。近所迷惑というプレッシャーがなかったら発狂していたと思う。

で、わかりやすくMiyaviVEVOチャンネルで言うと「WHAT'S MY NAME?」以降の閃き方が半端じゃない。格好良すぎるので全部リンク貼っておきます。


雅-MIYAVI- - WHAT'S MY NAME?
http://youtu.be/TbwjeOcmtGg

MIYAVI vs KREVA - STRONG
http://youtu.be/GGDaMc-ZgJc

MIYAVI vs YUKSEK - DAY 1
http://youtu.be/gNJNKfouDCo

MIYAVI vs HIFANA - GANRYU
http://youtu.be/GAosehV8zzU

WOWOWのアダルトドラマ「モザイクジャパン」が突き抜けている

連続ドラマW モザイクジャパン R15+指定相当|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/dramaw/mosaicjapan/傑作のにおいプンプン「Woman」「最高の離婚」「それでも、生きてゆく」「Mother」の脚本家、坂元裕二の最新ドラマが、いまWOWOWで放送中です。 題名は「モザイクジャパン」。AV業界を題材にした作品です。まだ一話しかみていないけど、すでに傑作のにおいプンプンさせてます。たまらない。 真骨頂「WOWOWでしか流せない」が炸裂中民放では絶対に放送できない卑猥な表現もさることながら、その強みを活用して、日本のいわゆる「モザイク文化」に対する深い深い疑義の提案をしようとしている。さすが坂元裕二。あ、彼の最も有名な作品は「東京ラブストーリー」ですが、あのイメージで見たらちょっと面食らうのは間違いない。 WOWOWは今までも民放には手の出しづらいジャンルをたくさん扱ってきた。池井戸潤原作のリコール隠し問題を題材にした「空飛ぶタイヤ」や、原発事故直後の真山仁原作「マグマ」映像化、あれは断言するけど、民放では絶対に放送できなかった。どちらも本当に秀逸な作品で、なんだかスタッフも役者もイキイキしているのが伝わってくるんですね。言葉のひとつひとつが突き刺さってくる。そういう作品が「WOWOWらしさ」の真骨頂だった。 今回はその「WOWOWでしか流せない」の新解釈になっている感じ。坂元裕二流と言ってもいいのかもしれない。 もう、脱げない女を「女優」と呼ぶなヌードだって普通に出てくるんだけど、アダルトな女優さん起用しているわけじゃない。女優として生きている女優さん(つまり舞台女優の比率が多い)がAV女優を演じている。オフィシャルサイトでみんなのインタビューを見られるんだけど、信念を持って演技者を捉えているのが伝わってきて、すごく好感が持てた。 モザイクという欺瞞をさらけ出すモザイク処理された映像があるということは、つまりモザイクをかけている人がいる。撮影している人、本番をしている人がいる。この欺瞞に気づかないふりをする。いや、今となっては本当に気づいていない人すら増えているのかもしれない。 エンドロールで涙が出てきたともかく結果的にモザイクジャパンは生まれた。有料放送局でしかできない際の際を攻めてゆくそのチャレンジ精…

韓国ガールズグループ「Girl's Day」のオーナーは日本人だったのか

出典:K-POPナビ
韓国ガールズグループが大好物な僕の、更に拍車をかけた大好物のグループが「Girl's Day」なのだが(どうでもいい)、このグループの事務所「DREAM TEA ENTERTAINMENT」のオーナーは飯原伴光氏という日本人だったそうだ。

20を超える数のグループがひしめき合っている中で、日本的要素が包含したグループに最も目がいってしまったというのは、なんだか西遊記で「孫悟空がお釈迦様の手の上で踊らされていた」的な残念さがあるのだが……。

So-net Music: K-POP界に旋風を起こす 日本人オーナーを直撃!【K-POP入門/PART2】
http://music.blog.so-net.ne.jp/k-pop_girlsday_int
彼は日本でも音楽事務所を経営しているそうで、上記のインタビュー記事の内容は、日本と韓国の音楽市場に対する興味深い比較(生きた経験則)になっていたので、いくつかここで引用していきたい。

まず、日本と韓国のCDに対する価値観の違い。

So-net:日本と韓国の違いについてもお聞きしたいんですけど。

飯原:全体としては、あまり大きな違いはないと思いますね。ただ、日本よりも早くCDは廃れていったので、向こうでは「音盤」というんですけど、そもそも音盤を作ることを考えてないですよね。

So-net:そうなんですね。配信の割合も多いですけど、韓国は配信の価格がめちゃくちゃ安いじゃないですか。

飯原:配信のことは「音源」というんですけど、音源の売り上げだけで事務所としてやっていけるかというと難しくて。やっぱりイベントの出演やコマーシャル、ドラマのOST(オリジナル サウンド トラック)とか、そういうものがメインですね。
だからこそ、日本に比べればなんの抵抗もなく、ネットを活用できるのだろう。

そして、韓国の芸能界を目指す子女の意識について。

韓国で歌手やアイドルを目指す子たちって、みんな小さいときから芸能界を目指すんだ!みたいな感じで、日本とは家族ともども入れ込み方が違うというか。もちろん日本でも熱心な親や真剣な子どもはたくさんいると思うんですけど、韓国は何よりも優先という感じがしますね。もちろん学校には行ってますけど、すごい気迫ですよ。GIRL’S DAYの場合は昼くらいに会社に来て、だいたい12時間くらい練習する…