スキップしてメイン コンテンツに移動

TVerはテレビ業界の起死回生となれるか

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」
http://tver.jp/

東京の主要テレビ局が連携して「TVer」という動画視聴サイトを開始した。これはいままで各局が個別に行っていた「一週間見逃し配信」を統合したポータルサイトであり、発表によれば公開されたテレビ番組は“だいたい一週間”(*1)公開され、その間の無料視聴が可能となる。

一歩前進したことを評価したい

このサイトの個人的な評価を言えば「一歩前進したことは純粋に評価できる」と思う。

今までテレビ局は、ネットを活用するどころか、ネットのオープン文化を嫌悪し、時に敵対し、頑なにクローズドな有料空間を構築しようとしてきた。その過去を振り返れば、たとえ一週間とはいえ無料で映像を(ひとつのサイトで)確認できるようになったことは、内部の賢明な改革派が地道な調整を重ね、重たい腰を上げさせた結果なのだろうと推察する。よくやったなと。

ネットでほとんど話題に上がっていないのは気になるところではあるのだが、多少ひいき目にいえば、日本においてテレビの影響力はいまだに計り知れない。強力な放送網を持ち、低迷しているとはいえ資金力も人材も豊富だ。番組内のやり取りがネットのトレンドになることも多々あり、その映像を最も効率的に探すべきサイトのひとつが、これからは「TVer」になるわけだ。その底力を持ってすれば、認知度は時を追うごとに増す可能性は大いにある。

テレビ視聴の新スタンダードになれるのか

しかし、今後テレビの視聴方法として定着し、更にテレビ人気を高めるまでに至るかは、また別の話だ。ネットユーザーにとってみれば、「合法」か「違法」かなどはあまり関係がない。見たい時に見たいものを自由に見る。思いついた時、手の届く場所にある映像にアクセスするだけだ。つまり、この「TVer」がその一つに組み込まれるかどうかは、効果的なネット戦略をうち、いかに視聴者の習慣に食い込めるかにかかっている。

個人的にひとつ、Tverがネットユーザーの心を捉えるために重要だと感じるのは、「ネットでテレビを視聴する層が、どのような方法で映像にたどり着いているか」を詳細に分析し解明することだ。

たとえば素人ですら思い浮かぶ基本経路は、「テレビ番組 無料」でググッて出てきたサイト(映像へのリンク集)から直接映像に飛び、それを視聴するルートだ。これがもっとも簡易で確実な手段として利用されていると思うが、あくまで感覚的なものであって、実際のところは専門的な調査をしなければわからない。ただ、もしこれが正しい仮定だとすれば、そのリンク集サイトより上位表示させるか、広告枠で上位表示させるか、あるいはアフィリエイト等々を利用し、リンク集にピンポインに「TVer」へのリンクを表示してもらうか、そういうところからユーザーへ定着させてゆくのが妥当な戦略になると思う。

まあ、民放には自分たちの巨大な広告媒体があるのだから、CMで大々的に報じたり、情報番組で伝えるのだって良いが、テレビをネットで視聴する層が、果たしてテレビでテレビを見ているかどうかは甚だ疑問ではある。それよりは、ネット視聴者に人気のある番組を仮定し、その番組では毎回毎回しつこいほどに告知を打つくらいの決め打ちは必要になるだろう。

今後の展開が鍵になる

どちらにせよ、いまの「期間限定公開」では、テレビ番組のアーカイブとしては全く不十分と言わざるをえないし、すべての番組が公開されているわけでもないため、中途半端さは否めない。「すべての動画がそこにある」という期待感にはつながらない。さらに、無料でやる限り収益化も望めない。今後の展開として、半永久的にテレビ番組を保管するサービスへ移行したり、有料の領域を設ける考えがあるのかどうか(充実した検索機能を見れば、その可能性はありそうだが)が重要になるだろう。これにNHKや地方局がどうからむのか。その辺りも非常に気になる。

ともかく、いまはテレビ業界の小さくも偉大な一歩をたたえ、今後に期待しよう。


*1) あくまでも各局の個別に行なっている情報を集積しただけの玄関口であることによるにごし表現。現時点でのTVerの限界がよく表れている。

コメント

このブログの人気の投稿

韓国ガールズグループ「Girl's Day」のオーナーは日本人だったのか

出典:K-POPナビ
韓国ガールズグループが大好物な僕の、更に拍車をかけた大好物のグループが「Girl's Day」なのだが(どうでもいい)、このグループの事務所「DREAM TEA ENTERTAINMENT」のオーナーは飯原伴光氏という日本人だったそうだ。

20を超える数のグループがひしめき合っている中で、日本的要素が包含したグループに最も目がいってしまったというのは、なんだか西遊記で「孫悟空がお釈迦様の手の上で踊らされていた」的な残念さがあるのだが……。

So-net Music: K-POP界に旋風を起こす 日本人オーナーを直撃!【K-POP入門/PART2】
http://music.blog.so-net.ne.jp/k-pop_girlsday_int
彼は日本でも音楽事務所を経営しているそうで、上記のインタビュー記事の内容は、日本と韓国の音楽市場に対する興味深い比較(生きた経験則)になっていたので、いくつかここで引用していきたい。

まず、日本と韓国のCDに対する価値観の違い。

So-net:日本と韓国の違いについてもお聞きしたいんですけど。

飯原:全体としては、あまり大きな違いはないと思いますね。ただ、日本よりも早くCDは廃れていったので、向こうでは「音盤」というんですけど、そもそも音盤を作ることを考えてないですよね。

So-net:そうなんですね。配信の割合も多いですけど、韓国は配信の価格がめちゃくちゃ安いじゃないですか。

飯原:配信のことは「音源」というんですけど、音源の売り上げだけで事務所としてやっていけるかというと難しくて。やっぱりイベントの出演やコマーシャル、ドラマのOST(オリジナル サウンド トラック)とか、そういうものがメインですね。
だからこそ、日本に比べればなんの抵抗もなく、ネットを活用できるのだろう。

そして、韓国の芸能界を目指す子女の意識について。

韓国で歌手やアイドルを目指す子たちって、みんな小さいときから芸能界を目指すんだ!みたいな感じで、日本とは家族ともども入れ込み方が違うというか。もちろん日本でも熱心な親や真剣な子どもはたくさんいると思うんですけど、韓国は何よりも優先という感じがしますね。もちろん学校には行ってますけど、すごい気迫ですよ。GIRL’S DAYの場合は昼くらいに会社に来て、だいたい12時間くらい練習する…

「FNS歌謡祭」最大の収穫は「雅-MIYAVI-」だったよね

FNS歌謡祭の「華原朋美」が良かったと小耳に挟んだので見てみたら、全く予想もしていなかった雅-MIYAVI-がめちゃくちゃ格好良くて、いま動画を漁っていたんだけど、最近の彼のパフォーマンスはちょっと神がかりに近いものがあるんじゃないだろうか。

コラボの仕方も、コンビ組んでるドラマーも含めてたまらない。近所迷惑というプレッシャーがなかったら発狂していたと思う。

で、わかりやすくMiyaviVEVOチャンネルで言うと「WHAT'S MY NAME?」以降の閃き方が半端じゃない。格好良すぎるので全部リンク貼っておきます。


雅-MIYAVI- - WHAT'S MY NAME?
http://youtu.be/TbwjeOcmtGg

MIYAVI vs KREVA - STRONG
http://youtu.be/GGDaMc-ZgJc

MIYAVI vs YUKSEK - DAY 1
http://youtu.be/gNJNKfouDCo

MIYAVI vs HIFANA - GANRYU
http://youtu.be/GAosehV8zzU

ソニーの販促企画「ヘッドホン女子47」独善的まとめ。

ソニー ヘッドホン公式チャンネル|ヘッドホン女子47 meets EXTRA BASS
http://youtu.be/ekWGvjx9JEoソニースペシャルコンテンツ | ヘッドホン女子 47 meets EXTRA BASS
http://www.sony.jp/headphone/special/park/products_eb/hg47/index.html
ソニーがヘッドホンの販売促進企画として「ヘッドホン女子47」というチャンネルをYoutube上で展開している。

簡単に説明すると、47都道府県出身の女子たちが、ご当地のロケーションで「ヘッドホン」を付けて「Avril Lavigne - What The Hell」に合わせて踊る。というちょっと意味の分からない企画だ。

少し前にモデルのローラが「Carly Rae Jepsen - Call Me Maybe」のパロディ映像を公開して話題になったのは記憶に新しいと思うが、アメリカのネット上では今、このように有名な曲に合わせて無駄にこだわったダンス系パロディ映像を制作してアップするのが流行っている。

Rola(ローラ) "Call Me Maybe" from TOKYO
http://youtu.be/Cvg0S-6ibpo
今回は(たぶん)その辺りに着想を得たかなり安直な戦略なんだけど、なんだかんだで47本の動画全部見てしまった僕は何も言えません。ごめんなさい。

上記の映像でも告知されているように、振り付けは気鋭のダンサー仲宗根梨乃。彼女については過去記事を参照してほしい(*1)。以下は本人の披露するお手本ダンスだが、文句なしに格好良い。

RINO NAKASONE meets EXTRA BASS: CHOREOGRAPHY
http://www.youtube.com/watch?v=HLXj7CcFTd4
で、どうせ見たのだから、特筆すべき注目女子をポストしておこう。

抜群の表現力で弾けるダンシング女子高生「愛知」

ヘッドホン女子47 meets EXTRA BASS:【愛知】西澤梨花
http://youtu.be/zjF0VmBszK8もしかしたら一番好き健康女子「大阪」

ヘッドホン女子47 meets EXTRA BASS:【大阪】三好爽
http://youtu.be/pTmC_3W…