スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

フジ月九「コンフィデンスマンJP」第1話でガッカリするも第2話で歓喜

フジの月九で「コンフィデンスマンJP」という作品がはじまった。脚本家がリーガル・ハイシリーズを手がけた古沢良太ということで前評判が非常に高く、ぼくもご多分に漏れず楽しみにしていた。
一話目を見てガッカリ 一話目をみてその期待は見事に裏切られることになる。どう贔屓目に見てもつまらなかったのだ。演技派の俳優を存分に使い、制作費も相当にかかっていた。そして脚本は売れっ子。にもかかわらず、どう見てもつまらない。古沢良太氏の醍醐味ともいえるテンポ良さが見られず、俳優たちの演技が虚しく空を切る。なにが原因なのかは定かではないが、これはもう見つづけるのは不可能かな……そう思いつつ、本日の二話目を見て、その不安は見事に裏切られることになる。一話目で「期待」を裏切られ、二話目では「不安」を裏切られ、ドラマの外でまでそんな感情の揺さぶりは求めていないのだが。

ともかく、二話目では一話目で死んでいたテンポが見事に息を吹き返していた。俳優同士の掛け合いが絶妙な笑いを誘い、物語にどんどん引き込まれていく。これ!これだよ!!!古沢良太脚本の醍醐味を存分に味わうことができた。
なぜ一話目はつまらないと感じたのか ぼくの目がおかしいのだろうか。あるいは視聴時の体調が最悪で、一週間で持ち直したのだろうか。いやいや、今日も一週間前もぼくはすこぶる万全だった。そもそも春先のこの季節というのはほぼ全ての日本人が一年でもっとも好調だろう。いま好調でなければぼくは一体いつなら好調だというのか(激しくどうでもいい)。

しかし、なぜ脚本家が同じなのに、これほどクオリティに差を感じたのか。その理由は脚本家と演出家の相性にあると踏んでいる。

第一話の演出は田中亮、第二話は金井鉱。

もし次に田中亮氏が演出した回がテンポの悪い出来であれば、この仮説はいよいよ間違いなくなる。普段あまりそんな風にドラマを見ないけれども、そういう見方もまたありかもしれない。作り手と視聴者の真剣勝負みたいで。


コンフィデンスマンJP - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/